コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロングショット long shot

翻訳|long shot

デジタル大辞泉の解説

ロング‐ショット(long shot)

写真・映画などで、被写体を遠くから撮影すること。また、その画面。遠写し。
ゴルフで、ボール遠距離へ打つこと。長打

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

ロングショット

 被写体から遠ざかって写す手法で、もともとは映画用語。「引く」と言うこともある。反対語は「アップ」、「寄る」。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ロングショット【long shot】

被写体の全体が入るように、遠くから撮影すること。ロング。
ゴルフで、ボールを遠くに飛ばすこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ロングショットの関連キーワードデビッド・ワーク グリフィスコンティニュイティカメラ・ショットわが谷は緑なりきイントレランスジャームッシュズーミング怒りの葡萄ロング遠写画面遠く全体

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロングショットの関連情報