コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンドンのセントポール大聖堂 ロンドンのセントポールだいせいどう

1件 の用語解説(ロンドンのセントポール大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ロンドンのセントポールだいせいどう【ロンドンのセントポール大聖堂】

イギリスの首都ロンドンの金融街シティCity of London)にある、イギリス国教会の大聖堂。◇セントポール大聖堂は604年に建設されたが、その後再建が繰り返された。現在の大ドームと正面に2つの塔を持つバロック様式の建物は、1666年のロンドン大火後の1668年に再建が始まり、1710年に完成した。建築家クリストファーレンの傑作といわれている。階段を使って地上85mのドームの上の塔の付け根の部分まで登ることができ、ロンドン市街を一望できる。地下の納骨堂には、ウィンストン・チャーチル、ホレーショ・ネルソンなどが葬られているほか、1981年にチャールズ皇太子ダイアナ元妃の結婚式が行われたところとしても知られる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロンドンのセントポール大聖堂の関連キーワードロンドン交響楽団ウエストエンドウォルサムフォレストロンドンアイロンドン大火記念塔ロンドンマラソンロンドン橋落ちた

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロンドンのセントポール大聖堂の関連情報