コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンドン・ナショナル・ギャラリー National Gallery,London

世界大百科事典 第2版の解説

ロンドン・ナショナル・ギャラリー【National Gallery,London】

ロンドンにある国立絵画館。ロシア生れの銀行家アンガーステインJ.J.Angersteinの美術収集が国家に購入され,1824年その邸宅で公開されたのが起源である。現在のトラファルガー・スクエアの建物は1833‐37年にウィルキンズW.Wilkinsの設計によって建設された。他の西欧諸国の国立美術館の多くと異なり,王家の収集を原型とせず,創立後現在に至るまでの歴代館長の鑑識眼と好みとによって順次収集された作品に個人の寄贈,遺贈が加わったという特徴をもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ロンドン・ナショナル・ギャラリーの関連キーワードクラーク(Sir Kenneth Mackenzie Clark)トゥーラ(Cosme (Cosimo) Tura)カラッチ(Agostino Carracci)ベッリーニ(Giovanni Bellini)ベッリーニ(Gentile Bellini)雨、蒸気、速度ロラン(Claude Lorrain)ワシントン・ナショナル・ギャラリーロンドン・ナショナル・ギャラリーピエロ・デッラ・フランチェスカレオナルド・ダ・ビンチ(年譜)洗礼者ヨハネの首を持つサロメアントネッロ・ダ・メッシーナアルノルフィーニ夫妻の肖像ナショナル・ギャラリーファン・アイク(兄弟)ポライウオーロ(兄弟)レオナルド・ダ・ビンチ竜と戦う聖ゲオルギウス蝶を追う画家の娘たち

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロンドン・ナショナル・ギャラリーの関連情報