コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄贈 キゾウ

デジタル大辞泉の解説

き‐ぞう【寄贈】

[名](スル)《「きそう」とも》物品をおくり与えること。「母校にピアノを寄贈する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きそう【寄贈】

( 名 ) スル

きぞう【寄贈】

( 名 ) スル
〔「きそう」とも〕
(主として学校などの公共性の高いところに)品物を贈ること。贈呈。 「母校に図書を-する」 〔類義の語に「寄付」があるが、「寄付」は組織・団体などに金銭または品物を贈る意を表す。それに対して「寄贈」は学校や病院などに品物を贈る意を表す〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

寄贈

個人または団体から無償で資料の提供を受けること.図書館の資料収集にとって,購入についで重要な手段の一つとなっている.寄者には,著者,出版者,国および地方公共団体,個人,民間団体などがある.寄贈資料としては,購入可能な資料,購入によっては入手し難い官庁資料,篤志家の収蔵コレクションなどがある.欧米では,資料寄贈のほか,資料収集のためのまとまった資金提供が多く見られる.寄贈資料の受理(受贈)にあたっては,図書館の収集方針,利用者の要求などを考慮する必要がある.受贈後は,通常購入と同様の受入手続を行う.その際,寄贈者(または旧蔵者)の蔵書印を押すか蔵書票を貼付し,もって寄贈者の好意に応えることが多い.特殊コレクションとして別置することもある.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

寄贈の関連キーワード現代日本文学翻訳・普及事業(JLPP)国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館ワシントンナショナルギャラリークレーラー・ミュラー美術館岡山市立オリエント美術館バルラフリヒャルツ美術館フィッツウィリアム美術館矢祭もったいない図書館大阪府立国際児童文学館コンセルバトーリ美術館佐倉草ぶえの丘バラ園コントリビューションテート・ギャラリースウェイスリング杯アメリカズ・カップ群馬県立近代美術館マルモッタン美術館陶器と良寛書の館大分県立芸術会館ドネーション

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄贈の関連情報