ロンバルディアの貧者(読み)ロンバルディアのひんじゃ(英語表記)Poveri Lombardi

世界大百科事典 第2版の解説

ロンバルディアのひんじゃ【ロンバルディアの貧者 Poveri Lombardi】

〈リヨンの貧者〉から分離し,それと区別されるイタリアのワルド派。1205年ころロンコーのヨハネスに指導され,都市の職人や小商人層に広がり,〈初期教会の様式で生活する〉宗教運動の強い影響を受ける。教会の位階制(ヒエラルヒー)に敵意をもち,俗人にも聖職権を認め,集団生活と個的貧困を実践した。在家宗教的傾向をもつ。ドイツにも波及し,指導者の名にちなんで〈ルンカリ〉と呼ばれた。【佐藤 真典】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android