敵意(読み)てきい(英語表記)hostility

翻訳|hostility

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「敵意」の解説

敵意
てきい
hostility

意は公然と表現されるものであれ,隠れているものであれ,最もよくみられる理的兆候の一つであり,しばしば抑圧されて異常心理的な過度の憂慮温順となって現れることがある。また他の人々に投射されて破壊衝動として示されることもある。しかし建設的に用いられる場合は,スポーツや仕事の面で有意義な役割を演じる。 N.J.スメルサーによれば,敵意が集合行動の形で噴出するとき,リンチや暴動のような攻撃的な群衆行動になる。その標的スケープゴートである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「敵意」の解説

てき‐い【敵意】

〘名〙 敵対しようとする心。を加えようとする心。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「相親むの情を発すれば〈略〉次第に其敵意を鎔解するを得べし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android