コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローザ・ボンド Rosa Bond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローザ・ボンド
Rosa Bond

アメリカがドル防衛の一環として発行した中期の財務省証券各国の公的金融機関保有の過剰流動ドルを吸収することを目的に 1962年以降財務省が各国の中央銀行に対して発行した。当時の財務次官である R.ローザが発案したことからこの名称がついた。オーストリアベルギー,西ドイツ,スイス,イタリア,カナダ,スウェーデンの中央銀行が購入し,米ドル相場が急騰した。為替リスクを回避するためにおもに外貨建てで発行されたが,63年以降若干ながら米ドル建ても発行された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ローザ・ボンドの関連キーワードドル危機

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android