コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローテンブルクオプデアタウバー Rothenburg ob der Tauber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローテンブルクオプデアタウバー
Rothenburg ob der Tauber

ドイツ南東部,バイエルン州の都市。ニュルンベルクの西約 70km,アウクスブルクウュルツブルクを結ぶロマンティッシェ街道に沿い,深い谷を刻むタウバー川の曲流部に位置する。9世紀に歴史に現れ,1274年帝国都市となり,14世紀末に最盛期を迎えた。産業革命期の影響を受けなかったので,現在でも多くの塔をもつ城壁に囲まれ,市街地全体が 16世紀の面影をとどめている。ドイツの最も美しい都市の一つとして知られ,ゴシック,ルネサンス,バロックの各様式をもつ市庁舎,聖ヤコブ教会 (1373~1528) ,市門,広場,泉など多くの歴史的建造物が,それを取巻く周囲の景観とともに保護,保存されている。観光客が多い。繊維,農機などの工業も立地する。人口1万 1521 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android