コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローテンブルクオプデアタウバー ローテンブルクオプデアタウバー Rothenburg ob der Tauber

1件 の用語解説(ローテンブルクオプデアタウバーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローテンブルクオプデアタウバー
ローテンブルクオプデアタウバー
Rothenburg ob der Tauber

ドイツ南東部,バイエルン州の都市。ニュルンベルクの西約 70km,アウクスブルクウュルツブルクを結ぶロマンティッシェ街道に沿い,深い谷を刻むタウバー川の曲流部に位置する。9世紀に歴史に現れ,1274年帝国都市となり,14世紀末に最盛期を迎えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローテンブルクオプデアタウバーの関連キーワードバイロイトパッサウランツフートシュバーベンアンスバッハ聖ローレンツ教会フッゲライプリーンワルハラ神殿バイエルン州立バレエ団

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ローテンブルクオプデアタウバーの関連情報