コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローパワートレーニング ろーぱわーとれーにんぐlow power training

知恵蔵miniの解説

ローパワートレーニング

パワーが長時間持続することを目的として行うトレーニング方法。持久力トレーニングとも言われる。「3分以上継続される運動において必要とされるスタミナや筋力」のことをローパワーと言い、ローパワートレーニングでは、乳酸の蓄積が起こらない程度の負荷で長時間運動を継続する。例えば、自分の最大心拍数を超えない範囲内での緩やかなランニング20分することなどにより、疲れにくく回復の早い体を作ることができるとされる。マラソンや水泳の中・長距離、サッカーなど多くのスタミナを必要とするプロのアスリートに取り入れられており、2014年サッカーワールドカップの日本代表も練習に取り入れている。

(2014-6-11)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android