ローヤルゼリーはミツバチからの贈り物(読み)ろーやるぜりーはみつばちからのおくりもの

食の医学館の解説

ろーやるぜりーはみつばちからのおくりもの【ローヤルゼリーはミツバチからの贈り物】

 ローヤルゼリーは花粉を食べた羽化後6~12日の若い働きバチが頭部にある下咽頭腺(かいんとうせん)から分泌(ぶんぴつ)したものです。ハチミツと異なり糖質は10%と少ない乳白色の粘性物質です。これを食べる女王バチは、一昼夜に1500~2000個ものたまごを産む繁殖力をもち、寿命も働きバチが数か月なのにくらべて3~5年と長く、生命力が強いのが特徴です。
 ふつうはミツバチの群に女王バチは1匹しかいません。しかし1群につき100個ほど女王バチ用の王椀に幼虫を移すと、働きバチはすべてを女王バチにしようと一生懸命ローヤルゼリーをためます。これを採取するのです。それでも1群で3日間に約20gしかとれません。
 だからローヤルゼリーは、貴重品なのです。

出典 小学館食の医学館について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android