コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローヤルゼリーはミツバチからの贈り物 ろーやるぜりーはみつばちからのおくりもの

食の医学館の解説

ろーやるぜりーはみつばちからのおくりもの【ローヤルゼリーはミツバチからの贈り物】

 ローヤルゼリーは花粉を食べた羽化後6~12日の若い働きバチが頭部にある下咽頭腺(かいんとうせん)から分泌(ぶんぴつ)したものです。ハチミツと異なり糖質は10%と少ない乳白色の粘性物質です。これを食べる女王バチは、一昼夜に1500~2000個ものたまごを産む繁殖力をもち、寿命も働きバチが数か月なのにくらべて3~5年と長く、生命力が強いのが特徴です。
 ふつうはミツバチの群に女王バチは1匹しかいません。しかし1群につき100個ほど女王バチ用の王椀に幼虫を移すと、働きバチはすべてを女王バチにしようと一生懸命ローヤルゼリーをためます。これを採取するのです。それでも1群で3日間に約20gしかとれません。
 だからローヤルゼリーは、貴重品なのです。

出典 小学館食の医学館について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android