ロールクラッシャ(英語表記)roll crusher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロールクラッシャ
roll crusher

粗砕にも細砕にも使われるクラッシャの一種。2個の鉄製ロールを用いる形式と,突起刃をもつロールと破砕板を組合せた形式がある。前者にも,滑面ロールと有刃ロールがあるが,滑面ロールは硬質岩石の,有刃ロールは石炭,石灰岩などの軟質原料の破砕に用いられる。なお名称から,ローラミルと混同されやすいが,異なる機種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android