コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイト[島] ワイト

百科事典マイペディアの解説

ワイト[島]【ワイト】

英国,イングランド南部,ポーツマスの沖合にある島。1974年以降アイル・オブ・ワイト州をなす。狭いソレント水道を隔てて本土と対する。気候温暖で,風光に恵まれ,州都ニューポートをはじめ保養地が多い。
→関連項目ハンプシャー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワイト[島]【Isle of Wight】

イギリス,イングランド南部のイギリス海峡にある島。面積381km2,人口12万5000(1995)。古代にはウェクティスVectis島と呼ばれた。1974年まではハンプシャーに属したが,現在は単独でアイル・オブ・ワイト州をなす。ソレントSolentおよびスピットヘッドSpithead両水道で本土と隔てられ,東西37km,南北21kmのひし形をなす。中央にチョーク層の山地が横たわり,その延長が西岸沖にニードルズNeedles島の白亜の岩礁となって現れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android