コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイマールたまねぎ市 ワイマールたまねぎいち

1件 の用語解説(ワイマールたまねぎ市の意味・用語解説を検索)

世界の祭り・イベントガイドの解説

ワイマールたまねぎいち【ワイマールたまねぎ市】

ドイツの文化都市ワイマールで開催される、たまねぎ市場の祭り。最初に始まったのは1653年で当初は秋に収穫されたたまねぎの市場であったが、徐々に他の野菜、果物、香辛料、手工芸品なども加えられ、多くの屋台が並ぶようになった。移動遊園地もひらかれ、にぎやかな伝統行事となっている。ドイツワインにぴったり合うオニオンケーキ(ツヴィーベルクーヘン)を楽しみに訪れる人もいる。開催時期は10月中旬。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイマールたまねぎ市の関連キーワードドイツ共和国ワイマールワイマール共和国ワイマール憲法ワルター統一ドイツマールバハCasperワルディワイマラナー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone