コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイヤヘアード・フォックス・テリア[種] wirehaired fox terrier

1件 の用語解説(ワイヤヘアード・フォックス・テリア[種]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ワイヤヘアード・フォックス・テリア[種]【wirehaired fox terrier】

原産地がイギリスの家庭犬。古代のワーキングテリアを基礎に18世紀中ごろに作出されたイヌで,19世紀中ごろからフォックス・テリアと呼ばれた。当初は名称のようにキツネ猟に使われ,鋭い臭覚と視力,たくましい耐久力,大胆で勇敢な性質が称揚され,猟犬種に入れられていた。20世紀に入りスマートで貴族的な容姿が迎えられ,ショードッグとして発展した。被毛は白が基調で背と耳に黒とタン(茶褐色)の斑があり,粗剛でやや縮れ,硬いほどよいとされ,また尾は起立時の頭頂の高さに合致する長さに断尾される習慣になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワイヤヘアード・フォックス・テリア[種]の関連キーワードイギリスオランダ戦争ワーキングワーキンググループイギリス巻ワーキングビザキング・チャールズ・スパニエルサセックス・スパニエルシーリハム・テリアルーカス・テリアイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone