ワタクズガニ(綿屑蟹)(読み)ワタクズガニ(英語表記)Micippa thalia

世界大百科事典 第2版の解説

ワタクズガニ【ワタクズガニ(綿屑蟹) Micippa thalia】

十脚目クモガニ科の甲殻類(イラスト)。東京湾からインド洋まで広く分布するカニで,水深20~50mの泥まじりの砂底にすみ,甲羅にごみやカイメンなどをつけてカムフラージュしている。このようすから綿屑の名がついた。甲は丸みをおびた縦長の四角形で,甲長約3cm。すんでいる場所を反映し,灰色~黒褐色をしている。胃域,心域,鰓域(さいいき)が明りょうに分けられ,それぞれ細かい顆粒(かりゆう)におおわれ,各顆粒にはかぎ形の毛がはえている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android