コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットプラシン〈チェンマイ〉 ワットプラシン〈チェンマイ〉 Wat Phra Sing

1件 の用語解説(ワットプラシン〈チェンマイ〉の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットプラシン〈チェンマイ〉【ワットプラシン〈チェンマイ〉】
Wat Phra Sing

タイ北部の都市チェンマイの城壁で囲まれた旧市街の西部にある寺院。ランナータイ様式のチェンマイで最大規模の寺院で、ランナータイ王朝のパーユー王が1345年に建立した。同名の寺院がチェンマイの北東160kmにあるチェンライにあるが、こちらのほうが古い。この寺院に安置されているプラシン仏(タイ北部で最も神聖とされていた仏像)は、この寺院の建立とともに、チェンライのワットプラシンから移されたものである。しかし、残念なことに、20世紀前半に、この仏像の頭部が盗難にあい、現在の仏像の頭部は複製。また、寺院内部の壁画には、14世紀のチェンマイの人々の衣装や暮らしが生き生きと描かれている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワットプラシン〈チェンマイ〉の関連キーワード空洞共振器ザリアチェンマイマイナーチェンジテオドシウスの城壁イチャンカラΧερσόνησοςディシャンカラチェンマイのソンクランチェンマイ・イニシアチブ(CMI)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone