コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットプラシン〈チェンマイ〉 ワットプラシン〈チェンマイ〉Wat Phra Sing

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットプラシン〈チェンマイ〉【ワットプラシン〈チェンマイ〉】
Wat Phra Sing

タイ北部の都市チェンマイの城壁で囲まれた旧市街の西部にある寺院。ランナータイ様式のチェンマイで最大規模の寺院で、ランナータイ王朝のパーユー王が1345年に建立した。同名の寺院がチェンマイの北東160kmにあるチェンライにあるが、こちらのほうが古い。この寺院に安置されているプラシン仏(タイ北部で最も神聖とされていた仏像)は、この寺院の建立とともに、チェンライのワットプラシンから移されたものである。しかし、残念なことに、20世紀前半に、この仏像の頭部が盗難にあい、現在の仏像の頭部は複製。また、寺院内部の壁画には、14世紀のチェンマイの人々の衣装や暮らしが生き生きと描かれている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android