コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットヤイチャイモンコン ワットヤイチャイモンコンWat Yai Chaimongkon

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットヤイチャイモンコン【ワットヤイチャイモンコン】
Wat Yai Chaimongkon

タイ中部、古都アユタヤのパザック川の東側、日本人町跡の近くにある寺院。この寺院はアユタヤ王朝初代のウートン王が1357年にスリランカ留学から戻った僧のために建立した。境内には、1592年にビルマ王との戦いに象に乗って参戦し勝利したナレスアン王の戦勝を記念して建てられたパゴダ仏塔)が残っている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ワット‐ヤイチャイモンコン(Wat Yai Chai Mongkon)

タイ中部の古都アユタヤにある仏教寺院。1357年、アユタヤ朝初代王ラーマティボディ1世が、セイロン留学から戻った僧侶たちのために建立。ビルマとの戦いに勝った第21代王ナレースエンが建てた、高さ62メートルの巨大な仏塔がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android