コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワヒダタケ(輪襞茸) ワヒダタケCyclomyces fuscus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワヒダタケ(輪襞茸)
ワヒダタケ
Cyclomyces fuscus

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。枯れたシイの幹に生じる。子実体は柄を欠き,傘は半円形または扇形多数が折重なって生え,基部で互いに癒着している。長径2~5cmで,厚さ1~15mm,革質で硬い。傘の上面は暗褐色またはこげ茶色で絨毛を密生し,多数の環溝が明瞭にみられる。下面は管孔を生じ,子実層ができる。孔口は円形で細かいが,しばしば同心円の方向に互いに連絡して,環状の溝または同心的なひだとなっている。胞子は無色。本州,四国,九州およびインド,マレー半島,ジャワ,フィリピンアフリカなどに分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android