コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絨毛 じゅうもう villus

翻訳|villus

5件 の用語解説(絨毛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絨毛
じゅうもう
villus

器官の内面または外面をおおう膜から突出した微細な突起のこと。腸の粘膜や胎盤などに存在する。これによって表面積が著しく増大し,吸収などが有効に行われるようになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐もう【×絨毛】

小腸粘膜面にある、細かい突起。表面積を増大させ、栄養素を効果的に吸収する。柔突起。
哺乳類の胎盤と子宮壁との接触面にある突起。酸素栄養素の交換が行われる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

絨毛【じゅうもう】

柔突起とも。脊椎動物の腸粘膜(小腸)や,絨毛膜などに密生している,毛のように細く短い小突起で,指状ないし樹状に広がる。これによって表面積は著しく増大し,効率よく吸収ができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうもう【絨毛 villus】

腸絨毛または柔突起ともいう。脊椎動物の小腸の粘膜が腸の内腔に向かって多数指状の高まりになって突出した細胞集団。ヒトではその高さは0.2~1.2mmであって,十二指腸において最も密生しており,回腸の終りに向かってその密度が減る。肉眼では観察しがたいが,虫眼鏡でよく見ることができる。絨毛の数は1人の人間で400万に達するといわれる。絨毛は小腸の吸収面を広くするためのものである。その存在によって小腸の吸収面はこれがまったくないと仮定した場合の数倍の広さになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅうもう【絨毛】

〔医学で用いる〕 ⇒ 柔毛じゆうもう
哺乳類の胎盤から子宮壁面に樹枝状に伸びる突起。内部に毛細血管があり、これを介して胎児と母体との間での物質交換が行われる。絨毛膜絨毛。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の絨毛の言及

【吸収】より

…大腸の吸収能は小腸に比べると全般に低く,糖,アミノ酸,脂質はほとんど吸収されず,わずかの水・電解質がここで吸収され,残りのものから糞便塊が形成される。 小腸粘膜は,ひだ構造や絨毛(じゆうもう)villusとよばれる突起が存在するため,吸収表面積が非常に大きい。さらに,小腸管腔に面して1層に配列している上皮細胞(吸収細胞ともいう)の管腔に面した側には微絨毛microvillusとよばれる無数の微細突起構造があり,上皮細胞の表面の膜の総面積は吸収面が平たんな管として計算した面積の約600倍も大きくなっている。…

【吸収】より

…大腸の吸収能は小腸に比べると全般に低く,糖,アミノ酸,脂質はほとんど吸収されず,わずかの水・電解質がここで吸収され,残りのものから糞便塊が形成される。 小腸粘膜は,ひだ構造や絨毛(じゆうもう)villusとよばれる突起が存在するため,吸収表面積が非常に大きい。さらに,小腸管腔に面して1層に配列している上皮細胞(吸収細胞ともいう)の管腔に面した側には微絨毛microvillusとよばれる無数の微細突起構造があり,上皮細胞の表面の膜の総面積は吸収面が平たんな管として計算した面積の約600倍も大きくなっている。…

【十二指腸】より

…粘膜は,表層を1層の円柱上皮がおおい,その下に上皮を裏打ちする粘膜固有層,さらにその下に平滑筋からなる粘膜筋板がある。粘膜表面には絨毛(じゆうもう)という長さ約1mmの指状,舌状,葉状などの突起が密生し,このため粘膜表面はビロード状を呈する。絨毛は上皮,粘膜固有層からなり,絨毛の芯となる粘膜固有層の部分には毛細血管やリンパ管が入りこみ,吸収物質の運搬に働いている。…

【小腸】より

…十二指腸腺をもつ真の十二指腸は哺乳類に限られ,空腸と回腸の境界が明りょうではない種類も多い。また小腸粘膜のひだや絨毛(じゆうもう)(鳥類と哺乳類)も表面積を広げ,吸収能力を高めている。小腸の内容物は大腸方向にのみ運ばれている。…

【胎盤】より

…母体面は突出した脱落膜で形成される胎盤中隔によって,15~20個の胎盤葉に分かれている。胎盤葉の内部には,絨毛(じゆうもう)が母体血の充満した絨毛間腔に一部は浮遊,一部は胎盤中隔に固定した状態で存在している。この固定した絨毛は胎盤が子宮壁から剝離するのを防止する役割をもっている。…

※「絨毛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

絨毛の関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

絨毛の関連情報