コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワン・トゥ・ワン・マーケティング わんとぅわんまーけてぃんぐ

3件 の用語解説(ワン・トゥ・ワン・マーケティングの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワン・トゥ・ワン・マーケティング

顧客の囲い込みと満足度の向上を実現するために用いられるマーケティング手法の1つで、消費者を1つの「大衆」として扱う「マスマーケティング」との対比として用いられる。顧客の属性、購買履歴、行動履歴などを収集・分析する必要があるが、現実世界での人手に頼った作業と異なり、ECではコンピュータにより多くの作業が自動化されている。具体的には顧客ごとに内容をカスタマイズしたWebページ電子メールバナー広告などを提供し、商品の購買頻度を向上させる。最近ではAI(人工知能)の技術を応用し、過去の経験や勘によって店舗側がルールを設定し、顧客に最適な商品を勧める「コラボレイティブ・フィルターリング」といったツールも現われている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DBM用語辞典の解説

ワン・トゥ・ワン・マーケティング【One to one marketing】

市場の成熟化とともに消費者の購買行動が変化する。変化する消費者に支持していただくにはマーケティング手法を変化しなくてはならない。マス・マーケティングからセグメンテーショングループ)・マーケティング顧客(グループアプローチ的)、セグメンテーション・マーケティングからインディビジュアル・マーケティング(個人アプローチ的)へと進化せざるを得なくなった。このインディビジュアル・マーケティングがワン・トゥ・ワン・マーケティングという概念になった。1994年、ドン・ペッパーズがFAX、電話、インターネットはもともとワン・トゥ・ワン・テクノロジーであることから、マーケティングの世界はワン・トゥ・ワンに向かうと主張したことが始まり。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランド用語集の解説

ワン・トゥ・ワン・マーケティング

ワン・トゥ・ワン・マーケティングとは、平均的な顧客を対象とするマス・マーケティングに対して、個々の顧客のプロフィールに最適な手段を選択するマーケティングのことをいう。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワン・トゥ・ワン・マーケティングの関連キーワードアイドマ購買者の準備段階購買行動のタイプ複雑型購買行動不協和解消型購買行動習慣的購買行動バラエティ・シーキング型購買行動アイドマの法則プロモーショナルアド比較購買

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワン・トゥ・ワン・マーケティングの関連情報