コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワン・トゥ・ワン・マーケティング わんとぅわんまーけてぃんぐ

3件 の用語解説(ワン・トゥ・ワン・マーケティングの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワン・トゥ・ワン・マーケティング

顧客の囲い込みと満足度の向上を実現するために用いられるマーケティング手法の1つで、消費者を1つの「大衆」として扱う「マスマーケティング」との対比として用いられる。顧客の属性、購買履歴、行動履歴などを収集・分析する必要があるが、現実世界での人手に頼った作業と異なり、ECではコンピュータにより多くの作業が自動化されている。具体的には顧客ごとに内容をカスタマイズしたWebページ電子メールバナー広告などを提供し、商品の購買頻度を向上させる。最近ではAI(人工知能)の技術を応用し、過去の経験や勘によって店舗側がルールを設定し、顧客に最適な商品を勧める「コラボレイティブ・フィルターリング」といったツールも現われている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

DBM用語辞典の解説

ワン・トゥ・ワン・マーケティング【One to one marketing】

市場の成熟化とともに消費者の購買行動が変化する。変化する消費者に支持していただくにはマーケティング手法を変化しなくてはならない。マス・マーケティングからセグメンテーショングループ)・マーケティング顧客(グループアプローチ的)、セグメンテーション・マーケティングからインディビジュアル・マーケティング(個人アプローチ的)へと進化せざるを得なくなった。このインディビジュアル・マーケティングがワン・トゥ・ワン・マーケティングという概念になった。1994年、ドン・ペッパーズがFAX、電話、インターネットはもともとワン・トゥ・ワン・テクノロジーであることから、マーケティングの世界はワン・トゥ・ワンに向かうと主張したことが始まり。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
DBM用語辞典について | 情報

ブランド用語集の解説

ワン・トゥ・ワン・マーケティング

ワン・トゥ・ワン・マーケティングとは、平均的な顧客を対象とするマス・マーケティングに対して、個々の顧客のプロフィールに最適な手段を選択するマーケティングのことをいう。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
ブランド用語集について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワン・トゥ・ワン・マーケティングの関連情報