ワン・ハン(王罕)(読み)ワン・ハン(英語表記)Wang Khan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワン・ハン(王罕)
ワン・ハン
Wang Khan

[生]?
[没]1203
モンゴル,ケレイト部の部長。本名はトゥグリル (脱斡哩勒) ,ワン・ハンは通称,正しくはオング・ハン。ケレイト部は 12世紀のモンゴル高原中央部最大の部族であったが,内紛が絶えず,トゥグリルはイェスゲイ (也速該) に救われ,両者はアンダ (按荅) となった。その因縁から彼はイェスゲイの子チンギス・ハンを助け,メルキト,ナイマン両部を攻め,金国のタタール部征討に加担し (この功で「王」の称号を金国から得た) ,タイチュート族を討滅した。一方ケレイト部の内紛で困窮したとき,チンギス・ハンに救われた。しかしチンギス・ハンの台頭を憎むセングムやジャムハ (札木哈) の圧力に屈し,2人の友好関係は破れ,1203年に決戦。彼は敗走しナイマン部人に殺され,ケレイト部も壊滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android