アンダ(読み)あんだ(英語表記)Geza Anda

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンダ
あんだ
Geza Anda
(1921―1976)

ハンガリー出身のピアノ奏者。1942年スイスに亡命、以後チューリヒに住んで世界的に活躍した。生地ブダペストの音楽院で名教師ドホナーニに師事、卒業後、メンゲルベルク、フルトベングラーなど当時の大指揮者と協演し、注目を集める。バルトークの解釈と演奏に定評があり、歯切れのよい明快なスタイルを身上とした。1967年(昭和42)来日し、N響と協演している。

[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例