ケレイト(英語表記)Kereit

  • Kereid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンゴルの一部族。ネストリウス派キリスト教信仰。 13世紀初め,ワン・ハン (王罕)チンギス・ハンによって滅ぼされるまで2世紀にわたり,モンゴルでは最も文化程度の高い部族であった。ロシア連邦南西部にあるカルムイキヤ・ハリムグ・タングチ共和国の住民トルグート人は,この後裔といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

12,13世紀にモンゴル高原のトラ川流域からハンガイ山脈方面にかけて居住した遊牧部族。ネストリウス派キリスト教を信奉していた。12世紀ごろ強大な部族国家的組織をもっていたらしい。12世紀末に部族長だったトグリルはタタール部討伐のによって,金朝からオン・ハンの称号を得た。彼はこのころからモンゴル部のテムジン(チンギスハーン)を援助していたが,1203年力をつけたテムジンに敗れ,ケレイト部は滅びた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

11世紀から13世紀初めにかけて、外モンゴルのオルホン川、トーラ川流域を占めたモンゴル系遊牧民族。漢字では克烈と記す。西隣のトルコ文化の影響を受け、その支配者層はネストリウス派キリスト教を信奉した。12世紀の後半に、その国王のトグルルはワン・ハンと称し、当時、勃興(ぼっこう)したチンギス・ハンと対立して攻められ、1203年に殺されてケレイト王国は滅び、ケレイト人はモンゴル帝国に従属した。[佐口 透]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

12〜13世紀に外モンゴルのオルホン・トラ両川流域に分布していたトルコ系部族
1115年タタールを破り,族長は金からワンカンの称号を受けた。彼はチンギス=ハンの父イェスゲイと親交があったため初めチンギスと盟を結んだが,のち対立し降伏,ケレイトはモンゴルの各氏族に分割されて解体した。ネストリウス派キリスト教を信奉していたといわれる。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android