コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケレイト Kereit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケレイト
Kereit

モンゴルの一部族。ネストリウス派のキリスト教を信仰。 13世紀初め,ワン・ハン (王罕) チンギス・ハンによって滅ぼされるまで2世紀にわたり,モンゴルでは最も文化程度の高い部族であった。ロシア連邦南西部にあるカルムイキヤ・ハリムグ・タングチ共和国の住民トルグート人は,この後裔といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケレイト【Kereid】

12,13世紀にモンゴル高原のトラ川流域からハンガイ山脈方面にかけて居住した遊牧部族。ネストリウス派キリスト教を信奉していた。12世紀ごろ強大な部族国家的組織をもっていたらしい。12世紀末に部族長だったトグリルはタタール部討伐の功によって,金朝からオン・ハンの称号を得た。彼はこのころからモンゴル部のテムジン(チンギス・ハーン)を援助していたが,1203年力をつけたテムジンに敗れ,ケレイト部は滅びた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケレイト
けれいと
Kereit

11世紀から13世紀初めにかけて、外モンゴルのオルホン川、トーラ川流域を占めたモンゴル系遊牧民族。漢字では克烈と記す。西隣のトルコ文化の影響を受け、その支配者層はネストリウス派キリスト教を信奉した。12世紀の後半に、その国王のトグルルはワン・ハンと称し、当時、勃興(ぼっこう)したチンギス・ハンと対立して攻められ、1203年に殺されてケレイト王国は滅び、ケレイト人はモンゴル帝国に従属した。[佐口 透]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ケレイトの関連キーワードチンギス・ハン(成吉思汗)アリク・ブガ(阿里不哥)ボオルチュ(孛斡児出)タヤン・ハン(太陽汗)エルケウン(也里可温)エセンブハ(也先不花)ボロフル(孛羅惣勒)イェスゲイ(也速該)オイラート(瓦剌)ジャムハ(札木哈)ボグドオーラ[山]ワン・ハン(王罕)ムンリク(蒙力克)チンギス・ハーンムハリ(木華黎)モンゴル(民族)ジョチ(朮赤)フビライ・ハンアンダ(按荅)モンゴル帝国

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android