コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーカホリック ワーカホリック workaholic

翻訳|workaholic

3件 の用語解説(ワーカホリックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ワーカホリック(workaholic)

《work(仕事)とalcoholic(アルコール中毒)との合成語》家庭や自分の健康をなおざりにしてまで、仕事をやりすぎる状態。また、その人。働きすぎの人。仕事中毒。1970年代にアメリカの作家オーツによって作られた語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ワーカホリック【workaholic】

働きすぎの人。仕事中毒。 〔ワーク(work 仕事)とアルコホリック(alcoholic アルコール中毒)からの造語〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

ワーカホリック

私生活をなおざりにしてまで仕事に打ち込んでしまう状態のこと。仕事中毒。work(仕事)とalcoholic(アルコール中毒)の合成語で、1970年代に米国の作家ウェイン・オーツによって作られた。仕事から離れることに罪悪感や不安を強く感じる状態であり、仕事依存症と言われることもある。具体的には、残業・休日出勤など長時間の労働を行う、家に仕事を持ち帰る、仕事以外にすることがないと感じる、仕事を他人に任せられないといった状態が現れる。ワーカホリックの自覚がないまま過剰に労働し、心身を害する、友人・家族などとの人間関係を損なうといった弊害をもたらすことがある。

(2016-5-26)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワーカホリックの関連キーワード下仕事日仕事一仕事骨仕事水仕事CV仕事人ダブルワークワークシェア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワーカホリックの関連情報