コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーカホリック workaholic

翻訳|workaholic

デジタル大辞泉の解説

ワーカホリック(workaholic)

《work(仕事)とalcoholic(アルコール中毒)との合成語》家庭や自分の健康をなおざりにしてまで、仕事をやりすぎる状態。また、その人。働きすぎの人。仕事中毒。1970年代に米国の作家オーツによって作られた語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ワーカホリック【workaholic】

働きすぎの人。仕事中毒。 〔ワーク(work 仕事)とアルコホリック(alcoholic アルコール中毒)からの造語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

ワーカホリック

私生活をなおざりにしてまで仕事に打ち込んでしまう状態のこと。仕事中毒。work(仕事)とalcoholic(アルコール中毒)の合成語で、1970年代に米国の作家ウェイン・オーツによって作られた。仕事から離れることに罪悪感や不安を強く感じる状態であり、仕事依存症と言われることもある。具体的には、残業・休日出勤など長時間の労働を行う、家に仕事を持ち帰る、仕事以外にすることがないと感じる、仕事を他人に任せられないといった状態が現れる。ワーカホリックの自覚がないまま過剰に労働し、心身を害する、友人・家族などとの人間関係を損なうといった弊害をもたらすことがある。

(2016-5-26)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワーカホリックの関連情報