コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーキング・ホリデー制度 わーきんぐほりでーせいどworking holiday

知恵蔵の解説

ワーキング・ホリデー制度

特定の国々と相互理解を深めることを目的に、日本と相手国で双方青少年(18〜25歳、国によっては30歳まで)が、旅行の費用を補う範囲で働く(最長1年間)ことを互いに認め合う制度。日本は1980年にオーストラリアとの間で設けたのを皮切りに、ニュージーランドカナダフランス、韓国、ドイツ英国との間で実施している。同制度を利用する場合は査証が必要となる。利用者は増えているが、トラブルも少なくない。

(平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ワーキング・ホリデー制度の関連キーワードワーキング・ホリデー

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android