コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワークプレースメント ワークプレースメント

人事労務用語辞典の解説

ワークプレースメント

「ワークプレースメント」(Work Placement)とは“就労体験型学生派遣”のことで、企業が在学中の学生を一定期間、派遣社員として有償で受け入れ、学生のキャリアにつながる就労の場を提供するしくみを指します。インターンシップと違って報酬を受けとることができる上、通常のアルバイトでは経験できない実践的な職場体験が得られるため、学生の就業力の養成にも有効と期待されています。
(2012/7/30掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

ワークプレースメントの関連キーワードMicrosoft At Work家事労働ハイン吉村瑞香鵜飼真帆花坂椎南CPICVSPISV

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android