コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

就業力 シュウギョウリョク

2件 の用語解説(就業力の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅうぎょう‐りょく〔シウゲフ‐〕【就業力】

学生が卒業後に自己の資質を向上させ、社会的職業的な自立を図るために必要な能力。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

人事労務用語辞典の解説

就業力

学生が自分に合った仕事を見つける能力を「就業力」といいます。2010年2月に改正され、11年度から施行される大学設置基準では、「学生が卒業後自らの素質を向上させ、社会的・職業的自立を図るために必要な能力」を就業力と定義し、大学にキャリア教育の実施を義務づけています。
(2010/7/5掲載)

出典|『日本の人事部』
人事労務用語辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

就業力の関連情報