コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーシト Wāsit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーシト
Wāsit

イラク,チグリス川中流にあった中世都市の一つ。 702年にウマイヤ朝イラク総督ハッジャージ・イブン・ユースフによって,イラク駐留のアラブ戦士への押えとして建設され,イラク州の州都となった。アッバース朝時代,その政治的意義は失われたが,軍事・交通上の要地として保持されていた。 15世紀にいたって,チグリス川の流路変化につれて交通上の利点を失い,衰退した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のワーシトの言及

【ウマイヤ朝】より

…その反面,政府とアラブ・ムカーティラとの利害の対立が増大し,イブン・アルアシュアスの乱(700)が起こった。イラク総督ハッジャージュ・ブン・ユースフは,イラクのムカーティラ統御のため軍営都市ワーシトを建設し,ここにシリアのアラブ・ムカーティラを常駐させた。このようにして,しだいにアラブ・ムスリム間の階層分化が進み,ディーワーンから除外され,土着化して農民に転落する者も増加した。…

※「ワーシト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワーシトの関連キーワードハッジャージュ・ブン・ユースフムハンマド・ブン・アルカーシムムハンマド・イブヌル・カーシムハッジャージュ・ブン・ユースフウォータリングキスミントイブヌル・アシュアスイブヌル・ジャウジーアイスブレーカーズアブー・マーシャルザンジュの乱ワーシト県ザンジの乱クートハイ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android