コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴァンアレン帯 Van Allen radiation belt

1件 の用語解説(ヴァンアレン帯の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ヴァンアレン帯【Van Allen radiation belt】

地軸を中心として,地球の周囲をドーナツ状に二重に取り巻く放射線強度の大きな領域.1952年にアイオワ大学ヴァン・アレン(J. van Allen)教授がロックーン観測のデータからその存在を予言し,1958年に打ち上げられた,米国の人工衛星エクスプローラ一号によって,その存在が確認された.内側のものは地球半径の約1.5倍の半径で,主として陽子により形成されているが,外側のものは半径は地球の3.5倍あり,主として電子から形成されている.内側層の陽子は宇宙線に由来したもので,地球磁場トラップされたものであり,外側層の電子は太陽から飛来したものと考えられている.なお,木星や土星においても同じような放射線帯の存在が確認されている.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヴァンアレン帯の関連情報