コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地軸 チジク

デジタル大辞泉の解説

ち‐じく〔‐ヂク〕【地軸】

地球の自転軸。南極と北極とを結ぶ軸で、地球の公転軌道面に対して約66.5度の傾きをもつ。
大地を支えていると想像された軸。「地軸を揺るがす大音響」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちじく【地軸】

地球の自転軸。公転面に対して垂直ではなく66.6度ほど傾斜している。この軸は不動ではなく、空間に対しても、地球自身に対しても変位し、前者を歳差・章動、後者を極運動という。
大地の中心。大地の支え。 「 -を揺るがす大行進」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地軸
ちじく

地球の回転軸、また地球の北極南極を結ぶ直線のこと。大まかな表現をすれば、地は黄道面に対していつも約66.5度の傾きをもち、歳差運動によって、約2万6000年の周期でその向きを変えていく。地軸の動きにはそのほか、章動とよばれる周期も振幅も小さい運動が重なっている。
 地軸とはこのように一見わかりやすい概念のように思われるが、実は地球の回転軸は地球に対して固定したものではなく、地球回転の研究が精密化するにつれて、さまざまな軸が定義されてきている。それには、たとえば、最大の慣性能率をもつ地球の慣性主軸として定められる形状軸、ある瞬間の地球の回転で定義される瞬間回転軸、一定期間の回転軸の平均の向きで決められる平均軸などがある。ただし、それらの軸の相互の向きの違いはごくわずかである。
 地球は剛体ではないので、形状軸は非剛体の場合に対し理論的に拡張した定義がされる。この軸の延長が天球と交わる点を天球暦表極という。その位置は1984年以降の天体暦で計算されている。この軸は、最近の地球回転理論における代表的な地軸であるということができる。[長沢 工]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

地軸の関連キーワードカール・アーガスト・フォン シュミットヘラクレイデス[ポントスの]ミランコビッチ・サイクルミランコビッチサイクルミランコヴィッチ仮説ミランコビッチ理論チャンドラー揺動ヘラクレイデスブラッドリー正距円錐図法緯度観測所地球の危機ミラー図法ラカイユ地磁気極日潮不等忸・軸井倉洞北極点極運動

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地軸の関連情報