コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴィトレイン vitrain

岩石学辞典の解説

ヴィトレイン

光り輝く目立つ層に見える縞状石炭の岩型で,小さな立方体に壊れるか,あるいは貝殻状断口に割れる.巨視的な構造がなく,ヴィトリナイトvitrinite)に富む組織成分(microlithotype)からなっている[Stopes : 1919, CNRS : 1963].石炭組織中で肉眼的に極めて輝度が高い部分として認められる成分.幅は通常3~5mmの非縞状の帯またはレンズとして産する.顕微鏡下ではヴィトリナイトに富んだ組織成分からなり,原植物の材や樹皮組織から大部分が由来したことを示している[片山ほか : 1970].ラテン語のvitrumはガラスの意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ヴィトレインの関連キーワードマクロフラグメンタル炭ヴィトロクラレインキシロヴィトレインユーヴィトリナイトヴィトロデュレインプロヴィトリナイトクラロヴィトレインデュロヴィトレインフゾヴィトレインプロヴィトレインアンスラキシロンフゾヴィトライトユーヴィトレイン黒色デュレインセミフゼインスベリトイドテロフゼインペリブレインヴィ石炭組織成分

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android