コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一つ物 ひとつもの

大辞林 第三版の解説

ひとつもの【一つ物】

同じもの。同じようなもの。 「水の響きも涙の滝も-のやうにくれ惑ひて/源氏 椎本
ただ一つのもの。最も優れたもの。一いちのもの。 「世にたぐひなき-と幼くより見しを/寝覚 5
祭礼に供奉する特別な童児。普通は一人で、特別な扮装をし馬に乗って神幸の行列に加わる。神霊のよりましの発展したものかといわれる。人形を用いる所もある。
一匹丸のままで、切ってない魚。 「あつきそろそろ-にて御さかづき参り/御湯殿上 文明一七

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一つ物の関連情報