コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一つ物 ひとつもの

2件 の用語解説(一つ物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一つ物
ひとつもの

神社の祭祀に出る稚児。笠または腰に山鳥の羽を着け,御幣を手に持ち馬に乗って神幸の行列の中心となる。稚児が居眠りをすると神霊が憑依したとされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひとつもの【一つ物】

同じもの。同じようなもの。 「水の響きも涙の滝も-のやうにくれ惑ひて/源氏 椎本
ただ一つのもの。最も優れたもの。一いちのもの。 「世にたぐひなき-と幼くより見しを/寝覚 5
祭礼に供奉する特別な童児。普通は一人で、特別な扮装をし馬に乗って神幸の行列に加わる。神霊のよりましの発展したものかといわれる。人形を用いる所もある。
一匹丸のままで、切ってない魚。 「あつきそろそろ-にて御さかづき参り/御湯殿上 文明一七

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一つ物の関連キーワード八雲愛人松柏砂山チェリー鳴りを潜める花菱十勝岳連峰奈良市のデータ角藤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一つ物の関連情報