コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一井氏政 いちのい うじまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一井氏政 いちのい-うじまさ

?-? 南北朝時代の武将。
一井貞政の孫。上野(こうずけ)(群馬県)新田荘一井郷の領主。南朝方の脇屋義助(わきや-よしすけ)に属し,暦応(りゃくおう)2=延元4年(1339)越前(えちぜん)(福井県)香下(かした),鶴ケ沢など11城を攻略。2年後畑時能(ときよし)とともに越前鷹巣(たかす)城をまもったが,越前守護斯波高経(しば-たかつね)に攻めおとされ,その後の消息は不明。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一井氏政の関連キーワード南北朝時代一井貞政

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android