コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一井貞政 いちのい さだまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一井貞政 いちのい-さだまさ

?-1337 鎌倉-南北朝時代の武将。
上野(こうずけ)(群馬県)新田荘一井郷の領主。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)新田義貞の討幕の挙兵にくわわり,諸国を転戦。建武(けんむ)4=延元2年越前(えちぜん)金崎城(福井県敦賀(つるが)市)にたてこもるが,足利方の高師泰(こうの-もろやす)らに攻撃され,新田義顕(よしあき)・尊良(たかよし)親王とともに同年3月6日自害した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一井貞政の関連キーワード尊良親王グッドデザイン賞瓜生保元元集寂地山シャルル勅撰作者部類新田義顕妙心寺阿蘇五岳