一井貞政(読み)いちのい さだまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一井貞政 いちのい-さだまさ

?-1337 鎌倉-南北朝時代の武将。
上野(こうずけ)(群馬県)新田荘一井郷の領主。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)新田義貞討幕の挙兵にくわわり,諸国を転戦。建武(けんむ)4=延元2年越前(えちぜん)金崎城(福井県敦賀(つるが)市)にたてこもるが,足利方の高師泰(こうの-もろやす)らに攻撃され,新田義顕(よしあき)・尊良(たかよし)親王とともに同年3月6日自害した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android