コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一冬氷 ひとふゆごおりwinter ice

海の事典の解説

一冬氷

板状軟氷がその冬の間に成長し、15cm-3m程度の厚さにに成長したものを一冬氷という。一年氷とも呼ばれる。オホーツク海やベーリング海のような低緯 度の海でみられる海氷は一冬氷であり、夏期には全て溶融する。これに対して、極地方で夏期にも融けず年を越して次の冬にさらに成長したものを二冬氷、一般 に複数の冬にわたって成長したものを多冬(極)氷または多年(極)氷という。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

一冬氷の関連キーワード丹波市産の竜脚類松葉杏琉イブキヌカボクロヅルシノブ(忍)ナラタケヨルガオ(夜顔)阿賀野型軽巡洋艦アカモミタケ(赤樅茸)オオワライタケ(大笑茸)

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android