コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一切経山 いっさいきょうやま

2件 の用語解説(一切経山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一切経山
いっさいきょうやま

福島県北部,吾妻連峰東部の一火山。標高 1949m。吾妻山のうちただ一つ噴煙を上げている火山。そのため植生に乏しく,特に爆裂火口底の旧噴気口や硫黄山付近の噴気口周辺は広い裸地をなす。磐梯朝日国立公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一切経山
いっさいきょうやま

福島・山形県境にある吾妻山(あづまやま)と総称される火山群の一峰。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一切経山の言及

【吾妻山】より

…福島市の西方に位置し,福島,山形の県境をなす火山群の総称で,東西二つの火山群からなる。西から西大巓(にしだいてん)(1982m),西吾妻山(2035m),東大巓(1928m),昭元山,一切経山(1949m)の順にほぼ東西に配列し,一切経山の南側には吾妻小富士(1705m),高山,東吾妻山(1975m)が半円形状に並んでいる。また東大巓の南方,東吾妻山の西側には中吾妻山(1931m)が位置し,吾妻火山群全体としては東西に長軸をもつ楕円形を呈している。…

※「一切経山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一切経山の関連キーワード赤岳駒ヶ岳剣岳火山群白布[温泉]福島県相馬郡飯舘村福島県伊達郡桑折町福島県福島市保原〈町〉吾妻小富士

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一切経山の関連情報