一夏九旬(読み)いちげくじゅん

精選版 日本国語大辞典「一夏九旬」の解説

いちげ‐くじゅん【一夏九旬】

〘名〙 (「」は一〇日) 一夏九〇日の意で、その間の安居(あんご)のこと。一夏安居。一夏。安居。《季・夏》
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「一夏九旬(イチゲクジュン)の間、忉利天にましまししに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の一夏九旬の言及

【安居】より

…これは仏教が伝播した国々でも,雨季の有無にかかわらずおこなわれ,多くは4月15日から7月15日までの90日であった。これを一夏九旬といって,各教団や大寺院でいろいろの安居行事がある。安居の開始は結夏(けつげ)といい,終了は解夏(げげ)というが,解夏の日は多くの供養があるので,僧侶は満腹するまで食べる。…

※「一夏九旬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android