忉利天(読み)とうりてん

日本大百科全書(ニッポニカ)「忉利天」の解説

忉利天
とうりてん

仏教世界観における天の一つ。忉利サンスクリット語トラーヤストゥリンシャTrāyastriśaの音訳語の略称。原語は「33」、すなわち「33種の天(または天神)からなる世界」を意味し、「三十三天」と意訳される。須弥山(しゅみせん)の頂上にあり、その東西南北にそれぞれ八つの城、中央に善見城(ぜんけんじょう)、合計33の城を有す。善見城中の殊勝殿(しゅしょうでん)には三十三天の首領である帝釈(たいしゃく)天が住む。この天は楼閣(ろうかく)、苑林(おんりん)、香樹(こうじゅ)に満ち、一種楽園であり、欲界に属し、性の交わりの享受がある。釈迦(しゃか)の母は死後ここに生まれ、釈迦が彼女に説法するためにここを訪れたという。

[定方 晟]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「忉利天」の解説

とうり‐てん タウリ‥【忉利天】

〘名〙 (trāyastriṃśa の音訳。三十三天と訳される) 仏語。欲界六天の第二。須彌山(しゅみせん)上にあるという帝釈天のいる天界。帝釈天が住む殊勝殿のある中央の善見城(喜見城)をめぐって四方にそれぞれ八天があるので、三十三天といい、その他、四園や市場などがあるという。忉利。
※霊異記(810‐824)中「花を売る女人は、忉利天に生まれ」
※往生要集(984‐985)大文一「如彼忉利天、雖快楽無一レ極、臨命終時、五衰相現」 〔無量寿経‐上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「忉利天」の解説

忉利天
とうりてん
Trāyastriṃśa

仏教の宇宙観にある天上界の一つ。三十三天とも訳される。欲界(→三界)の六天の第2にあたるところ。須弥山(スメール山)の頂上にある天で,統領であるインドラ(帝釈天)が中央にいる。頂上の四方にがあって,それぞれに八天がいるから合わせて三十三天となる。その天人寿命は,人間の 100年を一日一夜としたときの 1000年であるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「忉利天」の解説

とうり‐てん〔タウリ‐〕【×忉利天】

《〈〉Trāyastriṃśaの音写》六欲天の第二。須弥山しゅみせんの頂に位置し、閻浮提えんぶだいの上にある天界。中央の喜見城に帝釈たいしゃく天が住み、四方の峰に八天があるので、三十三天ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「忉利天」の解説

とうりてん【忉利天】

仏教の世界観に現れる天界の一種。忉利はサンスクリットのトラーヤストリンシャTrāyastriṃśa(あるいはその俗語)の音訳。三十三天と意訳する。須弥山(しゆみせん)の頂上には,帝釈天(インドラ)を統領とする33種の神が住んでいる。中央に帝釈天,四方に各8天がいるので,合計33天となる。殊勝殿や善法堂をはじめ数々の立派な建物,庭園,香樹などを備え,一種の楽園として描かれている。釈迦の母が死後ここに生まれたため,釈迦が彼女に説法するため一時ここに昇り,帰りに三道宝階によって地上へ降ったといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android