一巻の終わり(読み)イッカンノオワリ

デジタル大辞泉の解説

一巻(いっかん)の終(お)わり

《1巻からなる物語が終わるから》物事の結末がついてしまうこと。特に、死ぬこと。また、すでに手遅れであること。「この高さで足を滑らせたら一巻の終わりだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっかんのおわり【一巻の終わり】

〔物語が完了する意から〕
すべてが終わること。結末がついていて、もはや手遅れであること。万事休す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっかん【一巻】 の=終(お)わり[=おしまい]

① 活動写真の弁士の台詞。上映の終わりに言うことば。
② 転じて、物事の結末がすべてついてしまうことのたとえ。また、先の望みがまるでないことのたとえ。
※望郷歌(1937)〈北条民雄〉「人生一巻のお終ひさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一巻の終わりの関連情報