コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条民雄 ほうじょうたみお

7件 の用語解説(北条民雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北条民雄
ほうじょうたみお

[生]1914.9.22. 朝鮮,京城(現ソウル)
[没]1937.12.5. 東京
小説家。父は陸軍経理下士官。生後まもなく母と死別し,徳島県の母の実家に養われた。その後,養家の農業にたずさわり結婚もしたがハンセン病発病のため離別 (1933) 。自殺を決意して所々を転々とし東京東村山の全生病院に入院 (34) ,『間木老人』 (35) を川端康成に送って認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうじょう‐たみお〔ホウデウたみを〕【北条民雄】

[1914~1937]小説家。ソウルの生まれ。ハンセン病患者として入院した最初の夜の経験をもとにした小説「いのちの初夜」で知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北条民雄【ほうじょうたみお】

小説家。ソウル生れ。ハンセン病を病んで身元を秘し,本名その他不明。川端康成のはからいで《間木老人》《いのちの初夜》を《文学界》に発表して注目された。《癩院受胎》《癩家族》等の作品を残し23歳で没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条民雄 ほうじょう-たみお

1914-1937 昭和時代前期の小説家。
大正3年9月22日朝鮮京城生まれ。昭和9年ハンセン病で全生病院(現多摩全生園)に入院。絶望と苦悩のなかの生をえがいた「いのちの初夜」が川端康成の推挙で11年の「文学界」に発表され注目をあびた。昭和12年12月5日死去。24歳。作品に「猫料理」「癩家族」など。
【格言など】おれは回復する,断じて回復する(最期の言葉)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじょうたみお【北条民雄】

1914‐37(大正3‐昭和12)
小説家。ソウル生れ。郷里は徳島県。北条民雄ペンネーム。本名は不詳。小林多喜二プロレタリア文学の影響を受けた。結婚後,癩(らい)の発病があり離婚して1934年に東京府下の全生病院(現,国立療養所多磨全生園)に入院した。川端康成と通信で知り合い,その斡旋で《間木老人》(1935)を発表した。ついで36年には《いのちの初夜》(原題は《最初の一夜》で,川端が改題した)を発表,文学界賞を受けた。のち《癩院受胎》(1936),《重病室日誌》《望郷歌》(1937),《道化芝居》(1938)などが発表された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうじょうたみお【北条民雄】

1914~1937) 小説家。ソウル生まれ。川端康成に師事。ハンセン病患者という自己の極限状況を凝視し、柔軟な感性でとらえた作品で知られる。作「いのちの初夜」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北条民雄
ほうじょうたみお
(1914―1937)

小説家。朝鮮京城府(現ソウル)生まれ。種々の職業につきながら学び、左翼思想に近づく。1933年(昭和8)ハンセン病(旧称、癩(らい))の発病にあい、自殺を考えるが、翌年東京東村山の全生病院に入院。闘病生活のなかで文学に情熱を傾け、以後彼の作品は、師と仰いでいた川端康成(やすなり)の手で諸雑誌に発表された。とくに『間木(まき)老人』(1935)に次ぐ第二作『いのちの初夜』(1936)が、入院当初の異様な体験を描いて文壇に強い衝撃を与えた。続いて『癩院受胎』(1936)などの小説や随筆を次々に発表、絶えず死と向き合いながら、ハンセン病患者としての自己の宿命を直視し続けたが、37年腸結核により24歳で急逝。[宗像和重]
『『定本 北条民雄全集』全2巻(1980・東京創元社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条民雄の関連キーワードソウル音楽ソウルフルソウルイーターを追えソウルタワー徳島新聞徳島県徳島市藍場町徳島県徳島市一宮町僧津山徳島県徳島市勝占町惣田徳島県徳島市下町漆谷徳島県阿南市柳島町北条

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北条民雄の関連情報