コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条民雄 ほうじょうたみお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北条民雄
ほうじょうたみお

[生]1914.9.22. 朝鮮,京城(現ソウル)
[没]1937.12.5. 東京
小説家。父は陸軍経理下士官。生後まもなく母と死別し,徳島県の母の実家に養われた。その後,養家の農業にたずさわり結婚もしたがハンセン病発病のため離別 (1933) 。自殺を決意して所々を転々とし東京東村山の全生病院に入院 (34) ,『間木老人』 (35) を川端康成に送って認められた。『いのちの初夜』 (36) はハンセン病患者がみずから書いた本格小説としてセンセーションを巻起した。ほかに『癩院受胎』 (36) ,『癩家族』 (36) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうじょう‐たみお〔ホウデウたみを〕【北条民雄】

[1914~1937]小説家。ソウルの生まれ。ハンセン病患者として入院した最初の夜の経験をもとにした小説「いのちの初夜」で知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

北条民雄【ほうじょうたみお】

小説家。ソウル生れ。ハンセン病を病んで身元を秘し,本名その他不明。川端康成のはからいで《間木老人》《いのちの初夜》を《文学界》に発表して注目された。《癩院受胎》《癩家族》等の作品を残し23歳で没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条民雄 ほうじょう-たみお

1914-1937 昭和時代前期の小説家。
大正3年9月22日朝鮮京城生まれ。昭和9年ハンセン病で全生病院(現多摩全生園)に入院。絶望と苦悩のなかの生をえがいた「いのちの初夜」が川端康成の推挙で11年の「文学界」に発表され注目をあびた。昭和12年12月5日死去。24歳。作品に「猫料理」「癩家族」など。
【格言など】おれは回復する,断じて回復する(最期の言葉)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじょうたみお【北条民雄】

1914‐37(大正3‐昭和12)
小説家。ソウル生れ。郷里は徳島県。北条民雄ペンネーム。本名は不詳。小林多喜二プロレタリア文学の影響を受けた。結婚後,癩(らい)の発病があり離婚して1934年に東京府下の全生病院(現,国立療養所多磨全生園)に入院した。川端康成と通信で知り合い,その斡旋で《間木老人》(1935)を発表した。ついで36年には《いのちの初夜》(原題は《最初の一夜》で,川端が改題した)を発表,文学界賞を受けた。のち《癩院受胎》(1936),《重病室日誌》《望郷歌》(1937),《道化芝居》(1938)などが発表された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうじょうたみお【北条民雄】

1914~1937) 小説家。ソウル生まれ。川端康成に師事。ハンセン病患者という自己の極限状況を凝視し、柔軟な感性でとらえた作品で知られる。作「いのちの初夜」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北条民雄
ほうじょうたみお
(1914―1937)

小説家。朝鮮京城府(現ソウル)生まれ。種々の職業につきながら学び、左翼思想に近づく。1933年(昭和8)ハンセン病(旧称、癩(らい))の発病にあい、自殺を考えるが、翌年東京東村山の全生病院に入院。闘病生活のなかで文学に情熱を傾け、以後彼の作品は、師と仰いでいた川端康成(やすなり)の手で諸雑誌に発表された。とくに『間木(まき)老人』(1935)に次ぐ第二作『いのちの初夜』(1936)が、入院当初の異様な体験を描いて文壇に強い衝撃を与えた。続いて『癩院受胎』(1936)などの小説や随筆を次々に発表、絶えず死と向き合いながら、ハンセン病患者としての自己の宿命を直視し続けたが、37年腸結核により24歳で急逝。[宗像和重]
『『定本 北条民雄全集』全2巻(1980・東京創元社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

北条民雄の関連キーワードイタリア映画ロッキード事件フランツゼーデルブロム長谷場純孝常陸山谷右衛門バーナーズ広域噴火熱雲湯浅景介

北条民雄の関連情報