コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台詞 せりふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

台詞
せりふ

劇のなかで俳優によって語られる言葉で,演劇の本質的要素の一つ。2人以上の登場人物の間でかわされる対話 dialogue (→ダイアローグ ) ,自己の心境や感情を観客に向ってひとりで語りかける独白 monologue (→モノローグ ) ,他の登場人物の面前でしゃべりながら相手役に聞えないという舞台上の約束のもとで自分の考えその他を述べる傍白 aside (アサイド) などの形式がある。『ハムレット』のなかで用いられる長い独白は,ソリロキー soliloquyと呼ばれる。傍白も独白の一種であるが,短く,特に喜劇において短切的に使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せりふ【台詞/科白】

俳優が劇中で話す言葉。「―をとちる」
人に対する言葉。言いぐさ。「気のきいた―を吐く」「そんな―は聞きたくもない」
きまり文句。「頼み事をするときのお得意の―だ」
理屈や言い分を並べること。談判すること。
「これ半七、お花はこちの奉公人、親仁との―なら、どこぞ外でしたがよい」〈浄・女腹切
支払いをすること。
「今夜中に―して下さんせにゃなりませぬ」〈伎・五大力

だい‐し【台詞】

せりふ」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せりふ【台詞】

科白〉〈白〉などとも書かれる。よく行われるせりふの形式上の一分類としては,2人あるいはそれ以上の登場人物の間で交わされる〈対話(ダイアローグdialogue)〉。登場人物が自分自身の考えや感情などをみずからに問いかける形をとる〈独白(モノローグmonologue)〉(モノローグ劇),対話中に対話の当の相手には聞こえないという約束で横を向き独りごとのように言う〈傍白(アサイドaside)〉などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいし【台詞】

せりふ。台辞。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の台詞の言及

【戯曲】より

…戯曲を書くとは,何よりもこの意味での筋を作ることであり,物語の重さと勢いを正確に感じとる一方,それに拮抗しうる適切な場面の分割と配置を決めることだ,といえよう。 これは,いいかえれば,作者が物語の内側と外側に同時に立つことであるが,このいわば両義的な態度は,さらに登場人物を描くことにもせりふを書くことにも求められる。人物は,それぞれ独自の思想や感情を含む内面を抱く一方,外側から規定される役柄を負う存在であって,それ自体,重層的,あるいは両義的な構造を持つ存在だといえる。…

【脚本】より

…したがって劇上演前の準備台本といえるが,上演後の記録台本の場合もある。書き方としては,まず人物たちの行動する場所や時などを記し,その行動をせりふト書きに分けて書く方法が一般的である。近代以前には,せりふが中心で,ト書きの占める役割は少なかった。…

【つらね】より

…歌舞伎のせりふの一種。主として荒事などで主役が花道で述べる長ぜりふをいい,起源は猿楽,延年の連事(れんじ)から転化したものといわれている。…

【プロンプター】より

…舞台袖(そで)または装置の陰など,観衆から見えない場所にいて,俳優のせりふのきっかけのまちがいや言いちがい,またせりふがつかえたりしたとき,即座に正しいせりふを小声で教えられるように,絶えず上演台本をみながら俳優の演技に注目する役割。欧米近代の伝統的劇場には舞台前端中央にプロンプターのための場所があり,プロンプト・ボックスprompt‐boxという。…

※「台詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

台詞の関連キーワード安心してください、穿いてますよ。御後が宜しいようでエロキューションマルチボックスファンタジスタテキストレジー後ろを付ける女子かう生気障っぽい身振り狂言オペレッタ木頭・柝頭オフシーンプロンプ台詞付け言い難いアドリブ台詞回し一声千両道化芝居

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

台詞の関連情報