コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一座掛 イチザカカリ

大辞林 第三版の解説

いちざかかり【一座掛】

江戸時代、寺社・町・勘定の三奉行および目付が毎月式日を定め、評定所で合議によって訴訟を裁いたこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一座掛の関連キーワード江戸時代評定所合議訴訟

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android