コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

評定所 ひょうじょうしょ

6件 の用語解説(評定所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

評定所
ひょうじょうしょ

幕府の最高司法裁決機関。鎌倉幕府では,嘉禄1 (1225) 年創設の評定衆の会議所をいい,執権連署列席のもとに立法行政上の重要事項,特に民事訴訟を審理裁決した。建長1 (49) 年その下で裁判の審理にあたるべきものとして引付衆 (ひきつけしゅう) がおかれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひょうじょう‐しょ〔ヒヤウヂヤウ‐〕【評定所】

鎌倉幕府で、評定衆が事務を取り扱った役所。
江戸幕府の置いた最高の裁判機関。老中大目付目付三奉行などが事件の重要度に従って列席し合議した所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

評定所【ひょうじょうしょ】

(1)鎌倉・室町幕府評定衆が合議をした場所。(2)江戸幕府では1635年に設けられた最高の訴訟裁決機関。寺社奉行町奉行勘定奉行の3者と老中1名で構成。のちに大目付,目付,側用人,側衆江戸出府中の所司代遠国奉行なども参列することがあった。
→関連項目大岡忠相日記御仕置例類集御触書集成山論徳川家光万石騒動目安箱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうじょうしょ【評定所】

江戸幕府の最高裁判所ともいうべき司法機関。将軍,老中の施政の諮問機関の一種の役割をも兼ねた。その存在は幕府創設後かなり早くから認められるが,1635年(寛永12)に規則が初めて成文化された。構成員の中心は寺社,町,勘定の三奉行で,これに大目付,目付が審理に加わり,勘定所からの出向者を主とする留役(とめやく)(書記)が実務を担当した。初期には老中も出席したが,1660年代(寛文年間)ごろに寄合(会議)が式日(しきじつ),立合,内寄合(うちよりあい)の3種に分かれて,老中は式日にのみ出座することになり,さらに1720年(享保5)からは月1回出座となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひょうじょうしょ【評定所】

鎌倉時代、評定衆が評定を行なった役所。
江戸幕府における最高司法機関。寺社・町・勘定の三奉行がそれぞれ独自に裁断しえない案件が三者および老中一名によって合議された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

評定所
ひょうじょうしょ

江戸幕府の中央機関。三奉行(ぶぎょう)(寺社奉行・町奉行・勘定(かんじょう)奉行)が合議によって事件を裁決し、かつ老中の司法上の諮問に答える幕府の最高司法機関。江戸城和田倉(わだくら)門外の竜ノ口(たつのくち)にあった。2代将軍秀忠(ひでただ)のころからあったと考えられるが、制度的に整備されたのは3代家光(いえみつ)の1635年(寛永12)である。三奉行によって構成される評定所一座と、勘定組頭など三奉行所から派遣されて実務を担当する評定所留役(とめやく)からなっていた。寄合(よりあい)(評定)は毎月2、11、21日の式日(しきじつ)と4、13、25日の立合(たちあい)の6回行われた。式日には三度に一度は老中が出席したほか、大目付(おおめつけ)・目付や側用人(そばようにん)など将軍の側近も臨席したが、一座以外には評議権はなかった。裁決は多数決によったが、決着がつかないときはそれぞれの意見を書いて老中の裁決にゆだねた。評定にかかる事件は、民事(出入物(でいりもの))では原告・被告を管轄する奉行が異なる場合であり、刑事(詮議物(せんぎもの))では重要事件と上級武士が被疑者である場合であった。諮問を受けるのは、各奉行や大名から老中に呈出された仕置伺(しおきうかがい)で、一座は書面審査によって判決を老中に答申した。評定所が作成した記録類に「裁許留(さいきょどめ)」「御仕置例類集(おしおきれいるいしゅう)」「御触書集成(おふれがきしゅうせい)」などがある。[高木昭作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の評定所の言及

【科条類典】より

…《公事方御定書》(1742)の立法史料集。《公事方御定書》編集のときの諸記録,文書類は評定所に数十冊存したが,年を経て散逸するおそれがあり,また評定所一座が老中から《公事方御定書》各条の意味について下問されたとき,その立法過程にさかのぼって答申するためにも整理・編集する必要があった。発議したのは評定所の吏員で,1754年(宝暦4)老中堀田正亮の下命があり,三奉行主宰で着手された。…

※「評定所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

評定所の関連キーワード下級裁判所最高裁判所長官司法権最高裁判所裁判官司法機関司法裁判所司法修習生上告裁判所裁判所規則最高裁判所裁判官国民審査法

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

評定所の関連情報