コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一念五百生(読み)イチネンゴヒャクショウ

デジタル大辞泉の解説

いちねん‐ごひゃくしょう〔‐ゴヒヤクシヤウ〕【一念五百生】

仏語。ただ一度妄想を心に抱いただけで、五百回も生死を重ねる輪廻(りんね)の報いを受けること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちねんごひゃくしょう【一念五百生】

〘仏〙 恩怨おんえん愛憎などの妄念は、一度心に浮かべただけで五百生に及ぶ輪廻りんねの原因となること。執着の心の恐るべきことを説く言葉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる