コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一念五百生 イチネンゴヒャクショウ

2件 の用語解説(一念五百生の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちねん‐ごひゃくしょう〔‐ゴヒヤクシヤウ〕【一念五百生】

仏語。ただ一度妄想を心に抱いただけで、五百回も生死を重ねる輪廻(りんね)の報いを受けること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちねんごひゃくしょう【一念五百生】

〘仏〙 恩怨おんえん愛憎などの妄念は、一度心に浮かべただけで五百生に及ぶ輪廻りんねの原因となること。執着の心の恐るべきことを説く言葉。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone