一括記入(読み)いっかつきにゅう(英語表記)collective entry

図書館情報学用語辞典 第5版「一括記入」の解説

一括記入

形態的に複数の構成要素からなるが,誌的には一つのまとまりをなす記述対象についての目録記入分割記入の対語.一つの著作を,単一の媒体に収めることが困難または不適切などの理由で複数の構成要素に分けて刊行された場合には,個々の形態的に独立した部分ごとに記入を作成するよりも,著作全体に対する記入を作成する方が検索に便利なことが多い.しかし,一まとまりとなるべき記述対象中に未刊の部分があるときや,それらが同時には目録作成機関において入手されなかった場合には,完結の不確定な未完記入を作成しなければならなくなる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android