一文字挵蝶(読み)イチモンジセセリ

デジタル大辞泉の解説

いちもんじ‐せせり【一文字挵蝶】

セセリチョウ科のチョウ。翅(はね)は開張3.5センチくらい、黒褐色で白点列がある。幼虫は稲の害虫で、葉を巻いて苞(つと)状の巣をつくるため、葉捲虫(はまくりむし)・稲苞虫(いねつとむし)などとよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

一文字挵蝶 (イチモンジセセリ)

学名:Parnara guttata
動物。セセリチョウ科のチョウ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちもんじ‐せせり【一文字挵蝶】

〘名〙 セセリチョウ科のチョウ。体長約二センチメートル、胴が太いので外見はガに似ている。はねの表面は黒褐色で、前ばねに大小八個、後ばねに四個の白斑が並ぶ。各地に分布。幼虫はツトムシと呼ばれ、イネの害虫。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android