コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一来果 いちらいか sakṛdāgāmin

1件 の用語解説(一来果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一来果
いちらいか
sakṛdāgāmin

斯陀含 (しだごん) と音写。部派仏教でいう修行段階の一つ。欲の支配する世界 (欲界) に修行によって滅ぼされる9種の煩悩があるが,そのうち6種を滅ぼし終った者の得る段階。この階位の者は,一度天界に生れ,再び人間界に戻ってきて悟りが得られるので一来という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一来果の関連キーワード阿毘達磨閻浮檀金原始仏教業感縁起部派仏教四果招提玻璃いきなりダゴン唯権太夫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone