一来果(読み)いちらいか(英語表記)sakṛdāgāmin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一来果
いちらいか
sakṛdāgāmin

斯陀含 (しだごん) と音写部派仏教でいう修行段階の一つ。欲の支配する世界 (欲界) に修行によって滅ぼされる9種の煩悩があるが,そのうち6種を滅ぼし終った者の得る段階。この階位の者は,一度天界に生れ,再び人間界に戻ってきて悟りが得られるので一来という。部派仏教で説く四果 (→四向四果 ) の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android