コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四向四果 しこうしか

2件 の用語解説(四向四果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四向四果
しこうしか

仏教用語。四向四得,四双八輩ともいう。部派仏教において,修行していく段階を意味する「向」と,それによって到達した境地を意味する「果」とを総称したもの。預流向 (よるこう) ・預流果,一来向・一来果,不還向 (ふげんこう) ・不還果,阿羅漢向・阿羅漢果をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四向四果
しこうしか

仏教の修行道の階位を表す用語。聖者の段階に入った者を(1)預流(よる)(須陀(しゅだおん)。聖道の流れに入った者で、天界と人間界とを七度往来する間に修行が進み悟りを得る者)、(2)一来(いちらい)(斯陀含(しだごん)。天界と人間界とを一度だけ往復して悟りを得る者)、(3)不還(ふげん)(阿那含(あなごん)。ふたたびこの世に還(かえ)らないで天界で悟りを得る者)、(4)阿羅漢(あらかん)(この世で煩悩(ぼんのう)を滅尽し悟りを得る者)に分け、それぞれに向(こう)(向かって進む位)と果(か)(到達した境地)をたてるので、合して四向四果という。なお、向と果の対(つい)を四つあわせて8種の聖者となるので、四雙八輩(しそうはっぱい)ともいう。[藤田宏達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四向四果の関連キーワード阿那含教化法界瑠璃紺在家仏教四向正位ニルバーナ原則足首心か(窩)部

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone