コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一松信 ひとつまつ しん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一松信 ひとつまつ-しん

1926- 昭和後期-平成時代の数学者。
大正15年3月6日生まれ。立大教授などをへて,昭和44年京大数理解析研究所教授となる。のち東京電機大教授。はじめ多変数関数論を専攻。数値解析から計算機科学に転じ,コンピューターの基礎理論の研究にすすむ。東京出身。東京帝大卒。著作に「解析学序説」「数学点景」「暗号の数理」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一松信の関連キーワードオイラー(Leonhard Euler)ブッシュ(Vannevar Bush)テーラー(Brook Tayler)四色問題(よんしょくもんだい)ヒルベルトの問題ラマヌジャンフィボナッチ微分積分法近似式ボレル補間法誤差

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android