一筆書(き)(読み)イッピツガキ

デジタル大辞泉の解説

いっぴつ‐がき【一筆書(き)】

ひとふでがき」に同じ。

ひとふで‐がき【一筆書(き)】

筆継ぎをせずに一気に書くこと。また、その書画。いっぴつがき。
ある図形を、ある一点から書き出して、途中でを切らず、また同じ線を二度以上通らずに書きあげること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いっぴつ‐がき【一筆書】

〘名〙
① 初めから終わりまで墨継ぎをしないで、文字を続けて書くこと。また、その書。連綿書。いっぴつしょ。ひとふでがき。
雑俳・住吉御田植(1700)「かるい事・一筆書の帆掛ぶね」
② 一筆ごとに分けて書くこと。

ひとふで‐がき【一筆書】

〘名〙
① 初めから終わりまで墨継ぎをしないで、続けて書くこと。また、その書画。いっぴつがき。
※落語・新宿三人遊(1897)〈六代目桂文治〉「一筆書きちんころ見たいな顔して居る」
② 一筆ごとに分けて書くこと。箇条書き。ひとつ書き。いっぴつがき。
③ 図形などの書き方の一つ。一度筆を下ろしたら途中で筆を紙から離さず、しかも同じ線を二度以上通らずに書くこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android