コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一筆書(き) イッピツガキ

デジタル大辞泉の解説

いっぴつ‐がき【一筆書(き)】

ひとふでがき」に同じ。

ひとふで‐がき【一筆書(き)】

筆継ぎをせずに一気に書くこと。また、その書画。いっぴつがき。
ある図形を、ある一点から書き出して、途中でを切らず、また同じ線を二度以上通らずに書きあげること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

一筆書(き)の関連キーワードキャラクタディスプレイ装置ケーニヒスベルクの橋の問題ケーニヒスベルクの橋大都市近郊区間の特例ケーニヒスベルグの橋DNAコンピュータLINE ポコパングラフ理論位相幾何学角之倉未来組合せ理論一筆書きツムツム安覚良祐引返す幾何学中秋帖一筆画一筆絵五芒星

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android